FITSGERALD BY FAIRFAX

ABOUT US

FITSGERALD BY FAIRFAX

フェアファクスコレクティブは1976(昭和51)年、東京青山で創業した。
創業者である慶伊は、今はなきネクタイメーカーに入社、その後29歳で独立。今年で創業40周年を迎える。
その間一貫して東部アメリカの伝統的なスタイルをベースに各時代のトレンドをミックスした
「TOKYO HIGH STANDARD」を提唱し続けている。慶伊のこのスタンスは、彼のアメリカへの強い憧憬によるものといえる。
 昭和40年代前半、街はIVY一色であった。IVY(アイビー)とはアメリカ東海岸の名門私立大学で構成される
アイビーリーグのファッションで、日本ではヴァンジャケットの石津謙介氏が提唱して一斉を風靡した。
この頃青春を過ごした男たちは皆どこかで今でもIVYを引きずっている。慶伊もまたその洗礼をうけた一人だった。
 その後、慶伊は26歳の頃、そのVANより先にアメリカのPOLO by Ralph Laurenとの提携を得て、
POLOブランドのネクタイを日本で扱うことになる。今でこそ著名なラルフ・ローレン氏だが、
彼はブルックスブラザーズのネクタイ売場出身で、
その後、自身のネクタイブランドでデビュー。同じタイへの情熱が相通じたのだろう。
 又、慶伊は度々サンフランシスコを訪れる、その道すがら「ウィルクス・バッシュフォード」というメンズショップに
ひと目惚れ、そこの、「ボールド・コンサバティブ(大胆な保守派)」というコンセプトに共感する。
常に大胆ではあるが、保守的であること。会社の社名は、常に保守派に新風を吹き込む
ワシントンD.C.のフェアファクスホテルをイメージした。FAIRFAX HOTELも時代の流れに翻弄されるが、
当時は、小さいながらも、古き良き時代がもつラグジュアリー感あふれるホテルでした。
 IVY、POLO、FAIRFAX HOTEL・・・、全てアメリカ。FAIRFAXは全てアメリカから学ぶ。
創業以後紆余迂曲折を経るも、今や逆に、
本家アメリカで最も影響力のあるバーニーズ・ニューヨークがFAIRFAXのタイとシャツを扱って15年以上経つ。

FAIRFAX Collective was founded in Aoyama Tokyo in 1976.
Founder Keii was joined tie company then became independent at he was 29years old.
It marks the 40 years anniversary of founding FAIRFAX. Meanwhile, we keep advocate 「TOKYO HIGH STANDARD」style that consistently based on traditional American east coast style mixed with trends from each era. Keii's strong admiration to United States causes his and company's stance today. 1960's, Everybody was on IVY fashion style. IVY fashion style is from the IVY league which is consist of high educated university of east coast in US, Mr. Kensuke Ishizu from Van Jacket proposed that style and became a movement in Japan. Even now, these mens who spent their young days in that era, still into IVY style. Keii was one of these guys too. When Keii was 26 years old, he got cooperation with American POLO by Ralph Lauren before Van did, and started to sell tie of POLO brand. Before Mr. Ralph Lauren started run his own tie brand and became famous, he was working at a tie department of Brookes brothers. That is the reason Mr. Ralph Lauren and Keii, they sympathized each other for passion to tie. Throughout his repeated San Francisco visit, he found Mens Shop Wilkes Bashford and got impressed by their concept 「Bold Conservative」 Always bold, but conservative. Company's name is derived from the motto "Always blow up the new phase into conservatism" by FAIRFAX HOTEL in Washington D.C. FAIRFAX HOTEL was just a small company back then, but The hotel full of luxurious sense the old good time taste. IVY, POLO, FAIRFAX HOTEL they all coming from US. FAIRFAX learned everything from US. After the business is started, we pass through many twist and turns but now it has been more than 15 years that one of the most influential company BARNEYS NEW YORK started business with us.

BOLD CONSERVATIVE

アメリカントラディショナルをベースとするも、NY、ロンドン、ミラノ、
東京、各々の都市を濾過させたタイドアップスタイルを提案。
“大胆な保守派であれ” その考えの根本は、スローな感覚。
ヘリテージへのこだわりは、フェアファクスのモノづくりのポリシー。
永遠のトラディショナルを求めて、かつ真面目な物作りへのこだわり。
国内はもとより、英国、イタリア等の伝統ある産地で織られる生地。
そしてそれを日本の高いクオリティ技術による縫製仕上げ。
“MADE IN JAPAN”
私たちのこの姿勢は、バーニーズNY本店でも高い評価を得ています。

We proposal the style with tie that based on American traditional style and also mixed up with NY, London, Milano and Tokyo.
Root of the idea of Bold Conservative is slow sense.
Commitment to heritage is policy of FAIRFAX's manufacturing.
Seeking eternal traditional , and commitment to serious manufacturing.
The fabric that is woven in not only Domestic also United Kingdom and Italy and more traditional production areas.
And sewing finish it in Japan with the high quality technology.
This our attitude has earned a high reputation in Barneys NY head office.

FAIRFAX TIEのモノづくりのコンセプト

芯地
さまざまな生地、スタイル、ファッションの変化に対応する為に、独自に芯地の開発もしています。ウール100%芯を使用する事を基本とし、表地の風合い、締めた時のノットのスタイルまで考えて芯地をチョイスしています。
生地
ネクタイ生地はタテ糸とヨコ糸の2本で構成されています。2方向に交差する糸が織りなすバランスが、締め心地、耐久性、風合いに深く関わってきます。古い低速織機もしくは高速織機でも可能な限りスローな動きで織ることで凹凸感の表情ある風合いに織り上がります。そして、出来上がる生地をイメージしながら、糸と織機の相性を考えて織ります。
HAND MADE
たっぷりとった生地を手縫いでゆったりと仕上げ。細心の注意をはらった大剣のカンヌキやループ糸。熟練の職人による手仕事のネクタイを堪能できるでしょう。
MADE IN JAPAN
生地から裁断、縫製までの全工程を国内で行う事によって、ハンドメイドならではの絶妙な力加減や言葉のニュアンスでしか伝えられない製品への思いなどを伝えられることが可能になります。高い技術力を武器にして製品の完成度を上げるには日本国内で作る以外ないと私達は考えます。

The concept of manufacturing of FAIRFAX TIE

Interlining
cloth
A variety of fabrics, style, to address the changes in fashion, we development our own interlining.
Basically using 100% wool core, we chose interlining in consideration of texture of the outer material, style of knots at the time of tightening.
Cloth
Tie fabric consists of two yarn, vertical and weft.
Balance that crossed threads in two directions weave makes tighten comfort , durability, and has been involved deeply in the texture.
Either Old slow loom or high speed loom, weaving in slow as much as possible makes three-dimensional finish. *
And weaving with consider of the compatibility of yarn and loom and image of fabric finish.
HAND MADE
Finish comfortably in the hand-sewn with plenty fabric.
Yoke and loop yarns of large sword that paid close attention. **
You will be able to enjoy the handiwork of the tie by skilled craftsmen.
MADE IN JAPAN
Making fabric, cutting and sewing, doing entire process in the country makes able to telling the taste of handiwork and explaining how we feeling about our products more than words.
We think that raise the degree of perfection there is no other than to make in Japan.

FAIRFAX SHIRTSのモノづくりのコンセプト

SHIRTSのモノづくりのコンセプト

テーラードの技術、考え方を基に身体に程良く、フィットし、動きやすく、そして、その機能は、体型の差異に影響されにくい、美しいシルエットを生み出します。又、その立体的なフォルムは、襟元にも及び、優美なVゾーンを演出します。そのようにつくり出されたシャツの多くは、イタリアのハンドメイドによる高額な製品が多い中、私達は国内にて、先駆者としてそのようなイタリアの製品のもつ良さと我々日本人の丁寧な仕事を掛け合わせる事に執心してきました。そしてそのような私達のシャツの多くは、選び抜かれたイタリア製の生地によって仕立てられます。その生地は、適度なハリを持ちながらも柔らかく、そして軽い。又、上品な光沢を併せ持つ事によって、LUXURYでありながらも、より現代的なニーズに対応している事が特徴で、その特徴の持つ“ハイブリッド”感は、「エキストラファインな原綿」や「伝統的な手法で革新的な技術」によって生み出されます。そしてその生地に私達が施す装飾(色、柄)は、ANGLO AMERICANな意匠、マインドを基にGLOBALなTRENDを意識しながら行われます。即ち、“ドレッシィなものは、より英国調に スポーティなものは、よりアメリカンに”表現する事によって、旧き良き、映画で見るようなオーセンティックなライフスタイルに根差したスタイルにトレンドを程良く掛け合わせるといったイメージです。

Concept of manufacturing of FAIRFAX SHIRTS

Concept of manufacturing of FAIRFAX SHIRTS

Our shirts fits to your body moderately based on tailored technology and way of thinking, and it's easy to move and the function invents the beautiful silhouette which is not effected by difference in the figures. Also the three-dimensional from comes to a neck and produces an elegant V zone. While there are many expensive products hand made by Italian craft men, we were being crazed about our multiplying Japanese careful work by good such Italian product has as a herald in the country.
And much of such our shirts are made by the fabric made in Italy chosen through. The fabric is soft and light yet it has moderate fabric tension. Or, it's the feature to correspond to more modem needs though it's LUXURY by having elegant gloss, and the “hybrid” sense its feature has is invented by “extra, fine cotton” and “the technology innovative by a traditional method”. And the decoration we give to the fabric (the color and the pattern) is ANGLO AMERICAN, based on design and a mind with GLOBAL and TREND. Or “Something dressy depends on something sporty in a British style and is American more”. it's the image such as crossing a trend moderately in the style which was rooted in the authentic lifestyle judged by an old good movie by expressing.

フェアファクスコレクティブ株式会社

  • 住所:〒150-0001東京都渋谷区神宮前3-7-10
  • FAIRFAX
  • FITZGERALD
  • ON THE ROAD
  • JOHN COMFORT
  • BkT by BROOKLYN TAILORS

アメリカの東海岸、ニューイングランドで育まれたスタイル“アメリカントラディショナル”
この永遠のスタイルを企画スタンスの基本としながらも、常に変化するメンズスタイルの動きを大胆に取り込み、NY、ロンドン、ミラノ、東京、各々の都市を濾過させたTOKYO MODERN TRADITIONALとして提案致します。

FAIRFAX Collective CO., LTD.

  • address:3-7-10, Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo, 150-0001, Japan
  • FAIRFAX
  • FITZGERALD
  • ON THE ROAD
  • JOHN COMFORT

"American traditional" was nurtured in New England east coast US.
With this eternal style and planning stance, Boldly captures the movement of men's style in NY, London, Milano, Tokyo and more city and we proposal the style "TOKYO MODERN TRADITIONAL" .